ちびぞうとわたし

育児ブログ始めました。妊娠・出産・子育てにまつわる情報をアップしていきます。

【産後のお金】産休手当・育休手当・児童手当の金額は?どこから、いつもらえる?振り込み時期が遅すぎるので注意!

産休・育休中の手当は色々もらえるのですが、振り込まれるのがこんなに遅いとは実際に出産するまで知りませんでした。出産前後は物入りで、あっという間にお金がなくなるので、事前にある程度貯蓄しておかないと、手当が入るまで生活が苦しくなってしまいます。私の場合それぞれの手当が実際にいつ、どこから、いくら入ったのか書いていくので、参考になればと思います。(※状況によって違うと思うので参考程度にとどめてください)

手当の種類

産休時の手当として、出産育児一時金と出産手当金、育休中の手当として、育児休業給付金、出産後子供が中学校を卒業するまでの手当として、児童手当があります。

出産育児一時金

金額

42万円。

直接支払制度を利用したため、産院に直接支払われました。
そのため退院時の支払いは42万円をオーバーした差額分だけで済みました。

支払元

全国健康保険協会(協会けんぽ)から支払われます。

振込時期

直接支払制度の利用で病院に支払われたため、自分の口座への振込みはありませんでした。

出産手当金 

金額

出産のために会社を休んだ日数分の手当が振り込まれます。

1日あたりの金額は、標準報酬月額(支給開始日以前の継続した12ヶ月間の各月の標準月額を平均した額)÷30日×2/3です。

適用期間は、出産予定日以前6週間(42日)と出産翌日以降8週間(56日目まで)です。出産が予定日より遅れた場合はその遅れた期間も対象です。
私の場合は出産が予定日より1週間遅れたので、合計15週間分が一度に振り込まれました。

支払元

全国健康保険協会(協会けんぽ)から支払われます。

振込時期

私の場合は出産日から約5ヶ月3週間後でした。
待っても待っても来ないので、半年待っても来なかったら問い合わせようと思っていた矢先に振り込まれました。

育児休業給付金

金額

育児休業期間に会社を休んだ期間分が給付されます。

給付額は、休業開始時賃金日額×支給日数×67%(育児休業開始から6ヶ月経過後は50%に減額)です。

休業開始時賃金日額とは、育児休業開始前6ヶ月間の総支給額(保険料等が控除される前の額。賞与は除く)÷180です。

支払元

職業安定局から支払われます。

振込時期

初回の振り込み時期は、私の場合は出産日から約5ヶ月1週間後でした。
2ヶ月分ずつ振り込まれます。

児童手当

金額

児童手当は3歳未満は月額15,000円もらえます。(所得制限あり)

申請した月の翌月分からもらえます。(出産が月末だった場合、15日以内に申請すれば申請月分からもらえます)

支払元

住んでいる市町村から支払われます。

振込時期

2月・6月・10月に支給されます。
私は9月出産だったので、2月上旬に市から60000円(10月~1月の4ヶ月分)振り込まれました。

産休手当より育休手当の方が早い

順番として産休手当が振り込まれた後に育休手当が振り込まれるイメージだったので、最初に育休手当が振り込まれた時に、産休手当分かと勘違いして、想像より少ないなと思いましたが、よくよく見てみると振込元が職業安定局だったので、育休分だと気付きました。

産休手当の方が先の人が多そうですが、私のように育休手当が先になる場合もあります。出産時期や、会社が書類を出すタイミングにもよるそうです。

まとめ

私の場合は出産後5か月目で児童手当が、6ヶ月目で出産手当金と育児休業給付金が振り込まれました。それまでは貯金でやりくりしなければいけなかったし、いつ入るかわからないので、ちゃんと手続きできてるのか不安になったりもしました。

出産直後のお金のやりくりは、産休手当・育休手当を当てにしすぎず余裕を持って貯めておくことをお勧めします。

f:id:mikiminmin:20210427145412j:plain